住宅ローンの頭金はいくら必要?

住宅ローンは頭金ゼロで組める銀行も増えています。頭金ゼロでローンを組むことを、フルローンと呼ぶこともあります。公務員や大企業の正社員、年収の高い人などは、フルローンの審査に通る可能性があるでしょう。

しかし、頭金ゼロで住宅ローンを組んだ場合には、しばらくはオーバーローンとなってしまうことに注意が必要です。新築住宅を購入した場合、一度でも住んだらその時点で中古物件になってしまうので、大きく価値が落ちてしまいます。3000万円の住宅を購入した場合なら、中古になった時点で価値が1割落ちて、ローンが3000万円残っているのに対して住宅の価値が2700万円になっているという状態になってしまうこともあります。

一般的には、住宅ローンの頭金は1割~2割は必要と言われています。派遣や契約社員の人は、2割以上は用意しておくのが理想でしょう。頭金を用意するほど審査に通りやすくなるので、属性に不安がある人ほど多めに頭金を用意しておくべきと言えます。

住宅ローンの頭金がいくら必要なのかという議論は昔からされていますが、1つの答えがあるわけではありません。2割用意していても審査に通らない人や、審査には通ったけどその後の返済ができなくなって破綻してしまう人もいます。大切なのは無理のない返済プランを立てて、余裕を持ってローンを返済していくことです。1つの目安として、正社員の人は1割~2割、派遣や契約社員の人は2割~3割というものがあります。
関連サイト